主人公の妄想を選択して物語に介入するアドベンチャーゲーム「CHAOS;CHILD」2,940円がセールで980円

アドベンチャー ゲーム
04 / 25 2020
CHAOS;CHILD
セール:2,940円980円
評価:★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆(4.9)
『CHAOS;HEAD NOAH』『STEINS;GATE』『ROBOTICS;NOTES』と続くビジュアルノベルアドベンチャーゲームのシリーズ第4弾。第1弾となる『CHAOS;HEAD NOAH』の6年後、復興が進んだ渋谷を舞台にし、妄想トリガーというシステムにより重要な場面などで主人公の妄想を選択する分岐により物語が進行していきます。分岐はポジティブ妄想、ネガティブ妄想、妄想しないの3択によりその後の展開が変化します。
URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mages.chaoschild_jp&hl=ja
開発者:株式会社MAGES.
バージョン:デバイスにより異なります  (確認日:2020/04/25)
ダウンロード数:500 ⇧ 評価数:56
CHAOS;CHILD - Androidアプリセール情報
ゲームのあらすじ
発生は、突然だった。
M7.8。最大震度7の局地的直下型大地震。
この悪夢のような天災は、東京を代表する繁華街の一つである渋谷を一晩で無価値にした。
視線を遮っていた高層建造物は諦めたように倒壊し、黒い火災は仲間を求めて勢いを広げ続け、混乱した人たちは集団心理から恐怖を扇動され、その全てがあらゆる命を奪って行った。
最終的な死者、3851人。負傷者、30927人。
後に、“渋谷地震“と呼称されるようになった震災である。

物語は西暦2015年10月──
復興中の渋谷区からはじまる

そんな復興中の渋谷で奇妙な事件が続発する。
そして、人々は気づき始めた。
事件の発生日は5年前の渋谷を騒がせたとある事件の日付と一致する。
──そう、これはニュージェネレーションの狂気の再来なのだと。

ただ──ひとつだけ。
ひとつだけ違う事がある。事件の現場に残されている謎のシール。
不気味な力士を模したような謎のシールが新たなニュージェネ事件を解決する鍵になることを、まだ人々は誰も知らない。

暗躍する300人委員会。
覚醒しつつある妄想具現者(ギガロマニアックス)たち。
彼らの“胎動“により妄想の扉が再び解き放たれる……
関連記事

@AndroidAppSale

Androidアプリのセール情報をチェックしています。セール期間の終了等、タイミングによっては価格が異なる場合がありますので、インストール/購入前にGoogle Playで最新情報をご確認ください。

管理人:AndroidAppSale